<   2004年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

奈良31回(だと思われる)

1位   スノー  ミッションメイン宗一
1位タイ CMD  ㌧子ロック
3位   ウィル  スーパー醍醐

リーダー分布
3人:宗一
2人:ルミラ(1,00)
1人:篁総帥 醍醐 皐月 英二 ゲンジ ルミラ(4,00) 志保 耕一 ㌧子
総勢14人の大会でした


(備考)
決勝戦は宗一vs㌧子で序盤からバレーで宗一が押して行くが
ショップ屋で取り寄せた孫属性をどんどん貼っていき抑えて行く㌧子
多少の経過の後、宗一側の前衛が醍醐・ティリア・SP沙織・クロウになり
㌧子側がリアンを出して孫で固めて、琴音でクロウを焼き始めた
クロウが死に掛けた時ティリアが光落ちし、その隙間に明日菜が出て膠着へ
その時点で残5分強でどう考えても終わらないので引き分けに
[PR]
by kansailf | 2004-10-31 21:18 | 大会結果

第7回だでぃ杯

スイスドロー4回戦、参加者14名で行われました。

入賞者&入賞デッキ

1位 店長 篁総帥(殴り&バーン)

2位 たたみばり 保科智子(バトル流しデッキ破壊パロ)

3位 ルビーアイ ハクオロ(賢さブースト速攻)

敬称略

リーダー分布
二人 ルミラ(4.00) ゲンジマル
一人 総帥 智子 浩之 ハクオロ 宗一 耕一 マルチ 英二 理奈 綾香

(備考)
決勝卓は総帥vs智子で行われた。
序盤にエクス数枚を駆使し、智子側のフィニッシャーを落とし、総帥側優位を感じさせたが、総帥側の特攻を一度智子側が回避しお互いに余裕が生まれる。ある程度ドローエンドが続いた後に、長蛇の列→スカウトでディー光臨。場にはスルーが張られ、総帥側の真紀子、琴音に狸が張られていたが、手札には多くのバトカとユズハを持っていた。

デッキ枚数がお互いに1桁になった頃に互いの手札の濃度がピークに達する。次ターンに総帥側がしかけるか?と言うところで主催者側から『このターンで終了してください』とアナウンスが入る。メイフィア自害→ユズハ出しの行動ができなくなった総帥側だが、とうりあえず特攻。当然といえば当然だが、特攻する為のパーツも見事にカウンターされきり、引き分けに終わる。

両者とも前日に意見を交わしながら調整をし、互いのデッキをメタりつつ(むしろメインなメタに置きつつ?)構築されたデッキ、とのことでした。

パロにスルーというフィールド、総帥に張り替え用のフィールドなど関西では珍しい光景が見えた決勝卓であった。

3位入賞はハクオロのアイテムブースト速攻。
中速気味になりがちなハクオロを意識的に速攻するように組まれたようだ。

他に注目すべきところは4位で入賞した浩之デッキであろうか。2回戦に速攻デッキと対戦していながらも、序盤に相手の行動を押さえきり、そこからエンプティーによって場を完成させていた。敗れたのは総帥戦であったようだが、この試合でも文無しによって場を制圧しかけていたところをエクス+状の2セットによって圧殺されたようでした。調整不足だと本人も言っていたので、まだまだ強くなるだろうと思われる。

閑話休題

開場時、警備員に『だでぃ杯ってどんな会議なんです?』と聞かれた主催者お父さん氏はこれに懲りず第8回もがんばってください。


(追記)
主催者側のミスにより、3位と4位の順位が間違っていたようです。

1位 店長 篁総帥

2位 たたみばり 保科智子

3位 マハカーラ 藤田浩之

4位 ルビーアイ ハクオロ

敬称略
[PR]
by kansailf | 2004-10-25 17:37 | 大会結果

京都週刊LF

スイスドロー固定三回戦、参加者六名で行われました。

入賞者&入賞デッキ

1位 偽善者 天龍 ルミラ(速攻応援型)

2位 mamekichi 総帥(VIP除去バーン型)

3位 なかじ ルミラ(弓矢不意打ち遠隔型)

敬称略

リーダー分布
二名 ルミラ
一名 総帥 栗原透子 耕一 蝉丸

(備考)決勝卓はルミラ(偽善者 天龍氏)と総帥の対戦となった。一般的にルミラvs総帥には総帥に分があると言われているが、偽善者 天龍氏のルミラには対戦ゲームが積まれておらず、隠し芸&蜂蜜取りを多数積むことによりダメージを効率良く与えようという意志が感じ取れた。本人曰く、総帥へのメタを考えた結果だと言う。

今回は使用者が0名であったが、最近流行の那須宗一相手に蜂蜜取りや隠し芸を駆使しダメージレースを優位に進めている対戦も拝見したこともあり、現在のメタを考えた場合蜂蜜取りと隠し芸を多数積み、それに有能なアタッカー+αのキャラを選定して積むことは非常に有効だと思われました。

敗れはしたmamekichi氏の総帥だが、VIPを張ることにより以前のバーン総帥より凶悪なロック性能を誇っていると思える。ただ、必要属性が増えたことにより、安定して動くデッキにするには高い構築能力が必要だと思った。これからの発展に期待するところである。
[PR]
by kansailf | 2004-10-22 12:34 | 大会結果

10月14日 LF公認大会YS三宮2号店

10月14日にYS三宮2号店で行われた、LFの大会結果です。
今回は参加者4名、BE対応、総当りで行われました。
なお、参加者は敬称略しております。

 1位 : 井上浩充 4.0ルミラ(砧入りバーン)

 2位 : ほそみ 坂神蝉丸(ハイランダー風力殴り)
 2位 : りふと 緒方理奈(応援入り速攻)

 4位 : 梓堂七弥 ゲンジマル(中速早さ殴り)
[PR]
by kansailf | 2004-10-21 19:42 | 大会結果

京都週間LF

スイスドロー固定3回戦、参加者8名で行われました

1位 影闇カズヤ 坂上蝉丸(パワー型)

2位 偽善者 天龍 総帥(殴り)

3位 ソラトビ リサ(格闘技ミッション殴り)

敬称略

リーダー分布
一人 蝉丸、総帥、リサ、透子、ディ、ゲンジマル、神岸あかり、那須宗一

(備考)大阪からも遠征の方が来ており、八種八名の多彩なリーダーとなった。
一部のパロの戦いが引き分けを呼び、35分の試合時間も手伝って引き分け多発の大会となった。
[PR]
by kansailf | 2004-10-15 09:20 | 大会結果

10月9日ビギニングエディション発売記念シールド戦結果

参加者13名、4回戦で行われました

上位入賞者

1位 たたみばり・森川由綺(カラオケ+根性攻め)

2位 はとサブレ・坂下好恵(力攻め)

2位 柏木千鶴(賢さ攻め)

敬称略



リーダー分布

柏木梓 3名

柏木千鶴、坂下好恵、森川由綺 各2名

千堂和樹、長瀬源之助、光岡悟、コリン 各1名


(備考)
SEスターター1パック+SEブースター2パックで、コモンバトル(攻防に属性のみが書かれたカード)のみ持参で追加可能というレギュレーションで行われた。
参加者のレアキャラクターの中にルミラ、耕一が見られなかったこともあり、シールド戦で打点のブーストが少ない中では森川由綺の心の支えの壁は厚かった。
[PR]
by kansailf | 2004-10-09 22:43 | 大会結果

10月8日QOW結果

参加者6名、固定3回戦で行われました

上位入賞者

1位 CMD・新城沙織SP(ギャンブル、バレーボール)

2位 たたみばり・湯浅皐月SP(ダンス、アンチスキル)

敬称略



リーダー分布

新城沙織SP、柏木耕一、佐藤雅史、千堂和樹、那須宗一、湯浅皐月SP
各1名
[PR]
by kansailf | 2004-10-09 00:10 | 大会結果

京都週間LF

スイスドロー固定3回戦、参加者8名で行われました

上位入賞者&デッキ

1位 店長 総帥(殴り)

2位 ヒロカズ 栗原透子(孫属性コストロック)

3位 mamekichi 総帥(VIP除去バーン)

敬称略

リーダー分布
2人 総帥 ゲンジマル
1人 栗原透子 太田香奈子(SP) リサヴィクセン ルミラ(1.00)

(備考)決勝卓は殴り総帥とロック透子の対戦となった。
先攻で総帥に一文無しが付いたが、透子側がキャラ事故のように見えた。
フランソワーズだけ出してエンドした透子側に挑戦状を使用し、単騎に剥ぐ。
その後はショップ屋が出てきたが、それでキャラが止まった。総帥側にはユズハが光臨してしまい、一文無しも孫属性も紙となったところでトライアスロンが突き刺さって終了。

3位の除去VIPバーン総帥は殴り総帥をメタった構築をしていたようだが、大会では当たることなく、透子ロックの前に沈んでいた。今後の結果も気になるところである。

デッキ傾向として殴り総帥をメタっている気が感じられた。メタの関係としては非常に正しい選択と言えると思う。
[PR]
by kansailf | 2004-10-07 22:43 | 大会結果

つけやきば主催代52回LF公認大会結果

参加者31名、スイスドロー5回戦で行われました

上位入賞者

1位 マルチver.1(安眠・遠隔操作)

2位 たたみばり・保科智子(リラク味オンチバーン)

3位 ルビーアイ・篁総帥(バーンメイン雪合戦)

4位 ほそみ・芳賀玲子(持ち物自慢+うんちく)

5位 第一級障害者・ルミラver.1(おあずけ、妨害工作)

敬称略



リーダー分布


那須宗一 6名

ルミラver.4.00 5名

柏木耕一、芳賀玲子、篁総帥 各2名

ルミラver.1、月島拓也、柏木梓、保科智子、来栖川芹香、マルチver1、雛山理緒、HM12,緒方英二、千堂和樹、立川郁美、長瀬源之助、湯浅皐月、栗原透子
各1名



(備考)
那須宗一、ルミラver.4.00の数がまず目に付く。
特に那須宗一は最近になってから、特にシェアを拡大したように感じる。
篁総帥メタとして、ミッション、根性攻めなど有効な攻撃手段が多く、総帥の攻撃に対しても比較的耐性があること、そして主人公キャラであることも人気の要因か。
今回の結果としては、多数派の中からは上位入賞が成されなかった。
那須に関しては、同系に対する明確な解答がないか、解答が他のリーダーに通用しないのかは分からないが、スタンダードに殴っていくタイプだけではロック系のデッキに対しては苦しい戦いを強いられると思われる。
ルミラはタイプが非常に多様に存在するが、今回は日の目は得られなかった模様。
メタの中心であると思われる総帥は今回は少数だったようだ。

決勝はマルチとバーン総帥。
結果はマルチの勝利だったわけだが、タッチで雪合戦が入っているとはいえ、殴りが主体ではない総帥だと打点の高いつけスラ入りのバトルデッキ相手に隙を与えてしまうようだ。
それでも尚決勝に駒を進めているところを見ると、エラッタの影響を考慮してもまだまだ戦えるデッキかと思われる。
マルチは根性攻めに対する耐性、隠し芸による堅いリーダーに対する打点の突破と追い風が大きい。
リーダー分布を見ても、根性以外を狙ってくる速攻デッキの数は少ないように見える。

その他の上位入賞としては芳賀玲子が異彩を放っている。
衣装・厚着とゲームに溢れたドロー、サーチカードによる過剰な速攻が可能なのか、見事に上位入賞を果たしている。
総帥の存在によってか数が減少したルミラだが、逆に総帥にメタを貼ったデッキに対し十分な効力があると思われる。
入賞したルミラは対戦ゲーム4枚搭載のようで、今回流行した那須の弱点をついている。

今後の大会予定としては、手元の資料によると11月、12月には2回ずつ行われるようだ。
[PR]
by kansailf | 2004-10-04 10:57 | 大会結果

10月1日トップデックス

参加人6名、40分1本勝負スイスドロー3回戦で行われました。

上位入賞者&入賞デッキ

1位 CMD プロモ皐月(速攻、神頼み入り)

2位 ウィル マルチ(安眠、遠隔入り)

3位 ヒ ロ   耕一(鬼の血入り)


敬称略

使用リーダー分布は
柏木耕一、マルチ、千堂和樹、プロモ皐月、HM-12、ルミラver4.00

{備考} 
    6名ともリーダーはバラバラで不毛な試合はなくスムーズに試合が進みました。
      
[PR]
by kansailf | 2004-10-02 00:43 | 大会結果